本文へスキップ

まちのひろば

あなたの「まちのひろば」をおしえてください。

“まちのひろば”ってこんなイメージ
●3人集まれば“まちのひろば”
●参加のきっかけとなる出会いの場
●楽しい、関わりたくなる、人を惹きつけるコミュニティーの入口
●家庭、学校、職場以外の地域の居場所(サードプレイス)
●「自分の求めるつながり」が見つかる場所




  場所の紹介

季の庭

花を介したコミュニティづくり

庭なので年中無休。オープン時間 9:00~15:00ですが、オーナーの杉浦百合子さんに連絡した方が良い。090-3685-7238
飲酒不可、音楽不可(住宅地のため)動物は抱っこできるもの(荒らされてしまうので)

詳細

小田急線鶴川駅から和光大学への道を歩いて15分、学校の入口を過ぎてから、左側に入口の看板が見える。入口の階段を登ると別世界が。お庭は300坪のナチュラルガーデン。800種以上の花々で一年中楽しめる。バラは150株。年に数回オープンガーデンを行い一般に開放。 併設する工房とギャラリーでは、地元の作家展や地元の材料を使用したクラフト教室を開催し、地域の人と岡上の良さを発信して交流を生み出している。ギャラリーやお庭は撮影会や活動の場所としてレンタルも可能。

追記

杉浦さんはアメリカの絵本作家・園芸家のターシャ・テューダーの庭を見たときに感動し、「人の手で作りこまない庭」を目指し、花自身が楽しそうな情景を描きながら、花の居場所をつくり、600種類以上の植物が植えられ、四季おりおりの花が楽しめる。ご主人が廃材を利用して作ったテーブル・椅子などが敷地内に点在して雰囲気を醸し出している。

  入口

  手づくりの案内図

  庭の風景

  オーナーの杉浦百合子さん

  ギャラリー

  近くの竹をつかっての工作