本文へスキップ

まちのひろば

あなたの「まちのひろば」をおしえてください。

“まちのひろば”ってこんなイメージ
●3人集まれば“まちのひろば”
●参加のきっかけとなる出会いの場
●楽しい、関わりたくなる、人を惹きつけるコミュニティーの入口
●家庭、学校、職場以外の地域の居場所(サードプレイス)
●「自分の求めるつながり」が見つかる場所




  イベントの紹介

あさお区民記者

麻生区をもっと知りたい・伝えたい

区民による区民のための情報発信
区民の視点で区内のとっておき情報を発信します

2008年10月、あさお市民活動サポートセンターが、「区民記者養成講座」を開講し、受講者から8人の区民記者が誕生しました。現在、9人の記者が活動しています。

やまゆりには、市民活動登録団体の情報が650以上もあり、取材対象は豊富。これまでに160団体を取材してきました。

「区民による、区民のための情報発信」が活動目的。記名記事なので、その記者が書いた記事をファンが楽しみにしてくれる…、そんな個性豊かな記者が揃っています。

編集会議は毎月第2木曜の午後、麻生市民交流館やまゆりで行っています。会議では、次号のテーマや取材候補を検討したり、記事の内容について質問をしたり、意見を交わしたり、原稿をチェックしていきます。

麻生市民交流館やまゆりの広報紙「やまゆりニュース」は年3回発行。市民活動団体を紹介する「あさおふれんず」も年3回発行。毎年偶数月に発行するので、ネタ集めは大変ですが、地域情報にアンテナを張り、面白そうなところには突撃取材を行う楽しさもあります。

詳細

事務局 
麻生区上麻生1-11-5 あさお市民交流館やまゆり
編集会議 
基本毎月第2木曜 15時~16時30分
代表 
中島久幸(なかじま・ひさゆき)

追記

 毎月第2木曜日に編集会議を開き、テーマや取材対象、記事内容について話し合う。

現在「やまゆりニュース」(年3回発行、町内会配布)と「あさおふれんず」(年3回発行、区内に配布)で、自治会活動や防災計画など区民に役立つ情報や市民活動団体の紹介記事を担当。
ホームページでも、取材中のエピソードや取材先のその後も追いかけ、その活動を紹介している。
 

  あさお区民記者

  取材した区内の活動団体を掲載

  最新号では5団体を紹介

  やまゆりニュース 最新号

  区の市民活動として表彰される